お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

落花生の成長過程

落花生の成長過程

 

種まきから収穫まで

ここでは落花生の成長過程をご紹介していきます。 

 

4月種蒔き

種蒔きの時期は4月中旬。
シーダー巻きの種とビニールをセットし、
種を等間隔で蒔きながらビニールを張っていきます。
これを「マルチ栽培」と言い、地温を上げて発芽の促進と
初期の育成を助けます。

 

 

5月発芽

落花生は種を蒔いてからおよそ3週間くらいで発芽します。
発芽した種は地上に押し上げられ、そこから茎と葉が出ます。

 

 

6月開花

6月上旬頃、黄色い花が咲きます。
とても小さく、可愛らしい花です。
落花生の花は早朝に咲き、昼には萎んでしまいます。
咲いては萎んでを繰り返し、沢山の花を咲かせます。

 

 

7月子房柄の様子

花が枯れると、子房柄(しぼうへい)が伸びていきます。
この子房柄が地中に潜り、
やがて先端が膨らみ落花生ができます。

 

 

8月掘り採り

  

開花期から80日後、
夏の終わりに落花生の掘り採りをします。
トラクターで枝を切り、
収穫しやすいように土をかき混ぜます。
掘り採りをした落花生をひっくり返し
太陽の下で乾燥させます。

 

 

脱穀までの間雨水に触れないように、
落花生を積み上げ、さらに乾燥させます。
これを「ぼっち」と言って、千葉県では
秋の風物詩と言われています。

 

 

9月脱穀 

しっかり乾燥させた落花生を脱穀機にまとめて差し込むと、
風力で前方に、茎や中身のないサヤが吹き出されます。
そして下から、中身のぎっしり詰まった落花生だけが
落ちてくる仕組みになっています。
ここまでくるとお客様のもとへ届くのもあと少しです。

 

 

10月・11月新豆の出荷

 

 

こうして自社農場で大切に育てられた落花生は
その後工場で選別、加工され
新豆落花生としてお客様の元へ届けられます。

 

売れ筋ランキング

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20185
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
20186
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 今日    定休日    イベント